2018年6月7日木曜日

ゆんたくミュージアムツアー(観賞ツアーから)



6月7日12時からFMレキオで「ハップ・ステップ・ジャンプ」放送されました。次の数字をクリックしますと放送動画がご覧慣れます。


469705413


話なしの大筋は、前回紹介しました内容かと思います。

今回の例会では、happで開催されている「ゆんたくミュー ジアムツアー」
を体験・観察することで、対話の場がどのように生まれて いくのかを探求したいと思っています。 特にワークショップ等の対話の場をつくりたいと思ってい る方には大変良い参考になると思います。




◎日
対話による美術鑑賞を通して学ぶ
ファシリテーション
 ~対話の場はどのように生まれていくのかを探求する~
時:2018 年69日(土) 14 時 15 分~18 時 00 分(受付開始 14 時 00 分)*今回は、開始時間が異なります。ご注意ください!
日本ファシリテーション協会 沖縄サロン第103回例会
◎参加費:無料(今回の例会限り)
     *例会への参加費は無料ですが、美術館への観覧料が必要となります。
     (例会開催前に窓口でご購入ください。)
◎場 所:沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリースタジオ
◎申込み方法:ワークの準備の都合上 web からの事前登録
      (募集中)をお願いします。
FAJ 沖縄サロン』で検索☆又􏰀 QR コード
◎定 員:先着20名
page1image3738448
対話による美術鑑賞の様子
今回は、FAJ 沖縄サロン×NPO 法人 happ さんのチャレンジコラボ例会(共催)です!NPO 法人 happ(沖縄県立美術館支援会)さんは、沖縄県立博物館・美術館内で「ゆんたくミュージ アムツアー」として、対話による美術鑑賞を大人から子供まで定期的に開催しております。 対話による美術鑑賞は、グループで作品を見て、対話を通じて、作品の見方を深めていく鑑賞方法で す。その際、ファシリテーターの存在により、参加者の多様な視点を引き出し、対話の場が形成され ていきます。 はじめて体験した時、ファシリテーターの問いかけと参加者の発言を聞くうちに、自分の内から思わ ず発言したくなるような衝動を感じ、周りの参加者からも次々と発言が生まれていく不思議な場とな っていきました。 この衝動をもたらした場では一体何が起きていたのか?を探求してみたいと思い、今回のコラボ例会 を立ち上げました。 例会では、対話による美術鑑賞を体験し、その場で起こっている内面的・外面的なことを観察し、 「対話の場がどのように生まれていくのか?」を探求します。 これらの体験を通じて、ご自身のファシリテーションのスキルやあり方に活かして頂ければと思いま す。


2018年6月1日金曜日

対話による美術鑑賞を通して学ぶファシリテーション


日本ファシリテーション協会 沖縄サロン第103回例会
今回の例会では、沖縄県美術館支援会happで開催されている

「ゆんたくミュー ジアムツアー」
を体験・観察することで、対話の場がどのように生まれて いくのかを探求したいと思っています。 特にワークショップ等の対話の場をつくりたいと思ってい る方には大変良い参考になると思います。
対話による美術鑑賞を通して学ぶ
ファシリテーション
 ~対話の場はどのように生まれていくのかを探求する~
時:2018 年69日(土) 14 時 15 分~18 時 00 分(受付開始 14 時 00 分)*今回は、開始時間が異なります。ご注意ください!
日本ファシリテーション協会 沖縄サロン第103回例会
◎参加費:無料(今回の例会限り)
     *例会への参加費は無料ですが、美術館への観覧料が必要となります。
     (例会開催前に窓口でご購入ください。)
◎場 所:沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリースタジオ
◎申込み方法:ワークの準備の都合上 web からの事前登録
      (募集中)をお願いします。
FAJ 沖縄サロン』で検索☆又􏰀 QR コード
◎定 員:先着20名


今回は、FAJ 沖縄サロン×NPO 法人 happ さんのチャレンジコラボ例会(共催)です!NPO 法人 happ(沖縄県立美術館支援会)さんは、沖縄県立博物館・美術館内で「ゆんたくミュージ アムツアー」として、対話による美術鑑賞を大人から子供まで定期的に開催しております。 対話による美術鑑賞は、グループで作品を見て、対話を通じて、作品の見方を深めていく鑑賞方法で す。その際、ファシリテーターの存在により、参加者の多様な視点を引き出し、対話の場が形成され ていきます。 はじめて体験した時、ファシリテーターの問いかけと参加者の発言を聞くうちに、自分の内から思わ ず発言したくなるような衝動を感じ、周りの参加者からも次々と発言が生まれていく不思議な場とな っていきました。 この衝動をもたらした場では一体何が起きていたのか?を探求してみたいと思い、今回のコラボ例会 を立ち上げました。 例会では、対話による美術鑑賞を体験し、その場で起こっている内面的・外面的なことを観察し、 「対話の場がどのように生まれていくのか?」を探求します。 これらの体験を通じて、ご自身のファシリテーションのスキルやあり方に活かして頂ければと思いま す。

参加対象者
「対話の場の創出」のスキルやあり方に興味のある方は特にお勧めです。
(*美術の知識がなくても参加できますのでお気軽にご参加ください。)
 会場は通常と異なり沖縄県立博物館・美術館となります。
申し込みは次の数字をクリックしてください。日本ファシリテーター沖縄サロン

201869faj103

お知らせ:6月7日12:00〜12:25FMレキオ 番組ハップ・ステップ・ジャンプ
     上記の「対話による美術を通して学ぶファシリテーション』を生放送します。


2018年5月25日金曜日

紙芝居屋ーの佐渡ヤン2018年5月25日

本日のゲストは、那覇市銘苅在中の「紙芝居屋の佐渡山安博さん」
お話は、学校での紙芝居読みきかせと新都心公園の活動など、
自作の紙芝居もあるよ。



この数字をクリックすると、放送動画が見れます。
466472197

2018年5月24日木曜日

沖縄県立博物館・美術館 博物館 新所蔵品展のお知らせ


5月17日、ハップ・ステップ・ジャンプ放送
ゲストは、沖縄県立博物館・美術館  美ら島財団から、福治広規さん
本展の見どころ

1.沖縄県指定有形文化財の三線20挺の内の一つである『三線 与那城型 銘玉城/與那』を初公開

2.山田真山筆『竹林七賢人屏風図』を初公開 ← 過去に「なんでも鑑定団」でも紹介された作品です
 七人の賢人が竹林で政談をするという一種の理想郷を描いている大作です
  
0


この数字をクリックすると、放送動画が見れます。

466273827

2018年5月19日土曜日

吉増剛造展の案内 5月17日 happ・Step・jump

案内人 ゲストhapp 与儀さん
多重露光写真展、搬入して来ました\( ˆoˆ )/展示風景、撮るの忘れました(>_<) 19日からです!よろしく。



この数字をクリックしたら、番組画像が見れます。画質は劣りますが、楽しめます。


464833927

2018年5月17日木曜日

5月3日  happ・Step・jump (fmレキオスタジオから)
今週のゲストは、劇艶 おとな団  主宰 当山 彰一
1986年芸能界デビュー。大野剣友会、藤間事務所、劇団青芸、
ACO沖縄を経て、現在フリー
出演作品は数知れず。

劇艶 おとな団での
主な出演作(役柄)ウチカビ(神様)御前風(おじー)
衣に砂糖を加えたら(さつきの兄)他
スタジオアシスタント、伊藤、小林、西村、ミキサー&パーソナリティー 金城 章



https://twitcasting.tv/fm80351218/movie/461460092


2018年5月10日ハップ・ステップ・ジャンプ

5月10日、パーソナリティー担当者はこの番組のスポンサーでもある、
沖縄県立美術館支援会happ 理事の添石さん、アシスタントの伊藤さん
ゲストに宮城知子(ピアニスト)。本土からお友達。
近々。コンサートを開く・








この数字をクリックすると動画が見れます。

463186187